デンタルデザインとは
デザイナー紹介
事例紹介
費用について
ブランディングサポート
Q&A
資料請求
お問い合わせ
無料相談会のご案内
  • facebook
  • instagram

先日、ドイツのデザインのお話をしましたが、私が20代に影響をうけたデザイナーで、マックスビル氏(1908~1994)というデザイナーがいます。生まれはスイスなのですが、活躍の場はドイツの造形大学の学長を務めていたり、JUNGHANSというドイツ最大の時計メーカーの依頼により、機能的且つ繊細な素晴らしいデザインをされていて現在でも、腕時計や、壁掛け時計等購入出来ます。私もデザイナーの駆け出しの頃に購入した腕時計を、普段使ってはいないのですが今でも大事にしています。自宅やオフィスの時計も、マックスビルの壁掛時計が、とても気に入って今でも使っています。

3935748.jpg

数字を使ったデザインもあり、歯科医院の待ち合い等にも、見易くどんなインテリアにも馴染みながらも、繊細な雰囲気を放ってくれる様なデザインです。

po002up2.jpg

『バウハウス最後の巨匠』等と呼ばれ、手掛けた時計のデザインは、MoMAニューヨーク近代美術館の永久コレクションにも展示されています。

jung.jpg

マックスビル氏は、スプーンのデザインから、都市計画迄、信じられない程様々な活動をしていて、グラフィックデザインや、商業施設、プロダクト分野を問わず、大変質のの高いデザイン活動していました。『~のデザインをする』では無く、生活全般のデザイン化を目指し、世の中に様々な良い仕事をしていった方だと思います。私の勝手な解釈ですが、彼の一番のデザイン、代表作は、彼の人生そのものだった様な気がします。

橋本亮介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です