デンタルデザインとは
デザイナー紹介
事例紹介
費用について
ブランディングサポート
Q&A
資料請求
お問い合わせ
無料相談会のご案内
  • facebook
  • instagram

今回のプレゼンテーションは銀座のチョコレートショップのプレゼンテーションです。
まだ企画段階で、まだショップ名も決まっていない段階でのプレゼンですので、今回は内装ではなくロゴマークのみのプレゼンテーションになります。今回のプレゼンテーターは橋本と、弊社のグラフィック関係を担っている、グラフレンジ株式会社代表の小澤さんで、プレゼンテーションを行ないました。小澤さんは以前弊社の役員として、2005年から立ち上げメンバーと共に会社を支えて頂いた方で、今はチームデンタルデザインの強化の為、グラフィックとWEBデザインの会社を設立しています。会社は別の形態では有りますが、同じチームのグラフィック部署としてスタッフ同士も日々交友があります。社長同士も出張が多いので良く一緒に動いています。商業施設において、インテリアとグラフィックは切っても切れない関係です。グラフレンジはFC店舗のグラフィックツール開発からスポーツブランドのPOP開発、アーティストのCDジャケットデザインなど、多岐に関わり、グラフィックデザイナー、WEBデザイナーとして活躍中です。

ロゴマークはお店の印象を決めるものの中で、商品の味と同じくらい重要なものです。また、チョコレートショップのような店舗だと、パッケージや内装が商品そのものよりも話題になることもありますし、商品自体にロゴマークをあしらうこともありますので、ロゴマークの重要度はさらに高くなります。
内装のデザインを考えるときも同じですが、どんなお店にしたいのか、コンセプトはなんなのか、どんな人のお店なのか、どんな場所にお店を出すのかなど、たくさんの事を考えてつくられるロゴマークには、たくさんの意味が詰まっているのです。
今回はたくさんの案を提案し、お客様にも気に入って頂けたようで、一安心です。これからまたイメージをふくらまして頂いて、企画を進めていきます。どんなお店になるのか、今からわくわくです!

 
アシスタントデザイナー 赤井