デンタルデザインとは
デザイナー紹介
事例紹介
費用について
ブランディングサポート
Q&A
資料請求
お問い合わせ
無料相談会のご案内
  • facebook
  • instagram

プレゼンテーションには度肝を抜かれましたね
あれ、何度でも見たい!

橋本
なるほど。でもあきらめてほしくないですね、患者さん達は、少しでも環境の良い歯科医院ができてほしいはずですし、そういった歯科医院に通いたいはずだと思います。
山口先生
勝手なイメージですが、通常の業者に頼んだ場合と内装費用を比べたら、3倍くらいを想定していましたから・・・。知り合いの紹介であれば、その辺の話も聞きやすいのですけど。
橋本
全くの誤解です。歯科医院の内装費は大きく変わらないと思います。我々が入ると照明器具が少し増えるくらいで、内装材は、一般的な物と値段は変わりませんから。ただ、なかなか直接お会いして説明する機会はありませんから、その辺の誤解については僕らのこれからの課題として考えなければいけないと思います。 その他にそれと、オジデザインワークスではトータルデザインということで仕事をさせていただきましたが、それについてはいかがでしたでしょうか?
山口先生
これは楽でしたね。幸い僕の場合は勤めながらではなかったのですが、そうでない先生もいらっしゃいますよね。本当に助かると思いますよ。もしも印刷物やホームページ、そして内装工事と、それぞれ別の業者に頼むことになったら、まず、各業者と打ち合わせをすることになりますよね。その度に、同じ台詞を繰り返し・・・。その他にも、開業前に考えることは山積みですからね。それでいて、結果このような高いクオリティーと統一感を出すことは無理だったと思いますね。
橋本
そう言っていただけるとうれしいです。デザインのコンセプトを軸に、決してブレることのないよう、それぞれのデザイナーは常にコミュニケーションを取り合います。もちろん、デザインを決める時は、お互いぶつかったりすることもありますけど(笑)。
山口先生
そう、オジデザインワークスのプレゼンテーションには度肝を抜かれましたね。あれ何回でも見たい!(笑)。本当にすばらしかった!実際、その通りにできあがったことにも驚きでした。
橋本
ありがとうございます。僕たちも大切にしているところです。過剰なプレゼンをしようとは思いませんが、まだ形のない物へお金をかけなければならない先生のお気持ちを、少しでも安心させる材料になればとも思っています。
もっとも山口先生のように喜んでいただけるのは本望です。プロジェクトを進める中で周りの反応はいかがでしたか?
山口先生
僕のプレゼンテーションのときに同業の友人が一緒に見に来ていましたよね。「うわ、すごいな!」というつぶやきから、プレゼン終盤には「自分もそうしたい!」ってその気になりましたから。結局お願いすることになったみたいですね(笑)。
今回のプロジェクトで興味深かったのは、オジデザインワークスのデザインが先生によって全く違うというところでした。自分でも気づいていない個性を、デザインという形で表現してもらうのは本当に楽しかったですよ。これまで携わってきた歯科医院をいろいろ拝見する機会もありましたが、どれも違います。
橋本
そうですね、僕たちはただ単に歯科医院という箱をデザインしているつもりはありません。人ありき、のデザインをしています。特にクライアントになる先生についはご存知の通りねほりはほり伺うことも多かったと思います。『先生らしさ』がここに通ってくる患者さんに伝わるよう努力しました。結果、そこには先生の思いがあって、スタッフ、そして患者さんといったように・・・。みなさんにとって心地よい空間であればと思います。
山口先生
これからオジデザインワークスさんもお忙しくなりそうですね。
橋本
先生を見習ってがんばります。本日は、ありがとうございました。
お話をうかがった
先生のご紹介

山口歯科医院 www.yamaguchi-dent.com

院長・歯科医師

山口 文誉 (やまぐち ふみよ)

  • 日本歯周病学会認定医・専門医
  • 厚生省認定臨床研修医指導医
  • AO (Academy of osseointegration)
  • アメリカインプラント学会会員

僕の姿勢をデザインという形で
表す事ができたのは本当に良かった

橋本
今回の新規開業において、どういうお考えでデザイナーを使おうと思ったのですか?
山口先生
今まで歯科医として一生懸命やってきた事、『丁寧で嘘のない治療』という事を歯科医院のデザインにおいて『丁寧で嘘のないデザイン』を表現したかったのです。それは患者さんが来てくれて伝わる事だと思うので・・・。結果、僕の姿勢をデザインという形で表す事ができたのは本当に良かったと思います。
橋本
ありがとうございます。僕らも先生の誠実な思いを先生の患者さんへどう伝えるかということをテーマにデザインしました。この医院へいらっしゃる患者さんの一人でも多くに感じてほしいですね。ところで、先生はどのタイミングで僕たちデザイナーに会おうとお考えになったのですか?
山口先生
開業を考えた時、はじめの段階ではデザイナーを使うことは考えませんでした。僕のイメージではデザイナーにお願いするのは40後半くらいで、自分にはまだ生意気なのかな?と思いましたし、費用もかかり過ぎるのではとも思っていましたね。
正直、先輩の先生たちのように一般的なメーカーの設計者とマニュアル通り、一緒にやっていくのかな、と思っていました。開業を考えてから自分なりに何件か知り合いの歯科医院を見学してまわったのですが、その中で、僕のイメージにあったものが2軒ありまして、そのうちの1軒の方のデザイナーを調べました。それがオジデザインワークスだった訳です。この後で知る事になったのですが、実は2軒ともオジデザインワークスの手がけた仕事だったのですよね・・・本当にびっくりしました(笑)
橋本
それには僕たちも驚きましたね。しかも、2軒ともそれぞれコンセプトやイメージが大きく違うものでしたので・・・、よほど縁があったのでしょうか(笑)。
山口先生
お会いして具体的なお話を伺うまでは、正直迷いはありましたね。
橋本
それは費用とか、機能的に大丈夫か、とかですか?
山口先生
そうですね、デザイン料という別の費用はかかりましたけど、その倍の勢いで売り上げがのびるっていう感じです。実際は開業から3ヶ月でペイできたのですよ(笑)。
橋本
目に見える結果が得られて僕たちもうれしいですね。デザインを経営に反映させることも常に意識していますから、経営的に見ても美しくありたいですね、デザインは。山口歯科医院が成功している事が一番です。決してきれいな『作品』を作りたいだけ訳でもありませんから・・・。歯科業界ではまだまだ僕らのようなデザイナーを使うことじたい、まれなケースだと思いますが、その辺の不安はありませんでしたか?
山口先生
業界トップでご活躍のオジデザインワークスさんは、やはり気を使ったオフィスを構えていますね。その姿勢は見習うべきことだと常日頃思っていました。でも、デザイナーを見つけるのは難しいですね。これは実感です。敷居も高いっていうイメージもありましたから・・・。

お電話からもお気軽にお問い合わせください。

03-3440-7128

OPEN HOURS MON-FRI 10:00-19:00
※土曜・日曜・祝日は休業