歯科医院の内装や開業時の、クリニック内装デザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Tel.03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせください。営業時間:[土曜・日曜・祝日は、休業]/平日:AM10:00~PM7:00迄

お気に入りの”ぐい呑み”

2009.10.04

私の場合ですが、小料理屋さんで、常連になるポイントが幾つかあります。恵比寿にある、お店なのですが以前、お仕事の関係で飲食店のプランナーさんにご紹介を頂きお邪魔しまして、その時にお店にある、”ぐい呑み”を気に入ってしまいその後も、妻とたまに通っています。仕事が遅い事が多いのですが、このお店は深夜2時まで、営業していて本当に助かります。

L1010140.jpgのサムネール画像

残念ですが、お会いした事は無いのですが、渡部秋彦先生という静岡の陶芸家で、20年程前から『青瓷』という焼き物を穴窯という古典的な薪窯で焼いている方の作品です。

L1010141.jpg

釉薬のはがれ等があったのだと思いますが、クチの部分に、何カ所か金継ぎがされていてそれがまた何とも良い風合いで手に取りたくなってしまいます。恐らく、陶芸家さんはこういった、傷物は市場に出しません。直ぐに壊してしまうはずなのですが、私も感じましたが、このぐい呑みは、何らかの魅力があり奇跡的に、作家さんも破棄せずに、現在お店で活躍中です。色合いも窯変した、米色青瓷のような色で、何とも言えない色味です。金継ぎとは、器が割れたり、欠けてしまった時に、傷をあえて隠さず、修復し景色に見立て楽しむ日本人ならではの粋な感性で、伝統的な技法です。我々のデザイナーの仕事は、新しさや、おしゃれさの為ではありません、まさに不易流行。日本には用の美等といった言葉もあります。生活を彩るデザインのヒントは、本当に色々な所に隠されています。

橋本亮介