歯科医院の内装や開業時の、クリニック内装デザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Tel.03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせください。営業時間:[土曜・日曜・祝日は、休業]/平日:AM10:00~PM7:00迄

間接照明の素?[歯科医院の内装設計]

2011.02.27

歯科医院の内装に、弊社では間接照明を効果的に配置します。無駄にあっても費用が掛かるだけですが、適材適所に効果的に設計すると様々な効果を望めます。

効果としても幾つか挙げられます。

○癒しの空間でなくてはいけない事。[空間が柔らかで、輝度の低い照明は効果的です]

○個室が多い歯科医院の内装設計上、圧迫感を軽減したい。[空間が伸びやかになります]

○安価な素材でも、見え方感じ方で、マテリアルを引立てます。[演出にも最高です]

他にも、色々とありますが、カットオフラインの設定や、色温度の最適化、照度の計算等様々な工程を経て、弊社では実はライティングに力を入れている事が、良い設計のコツになっています。商空間では、ライティングとグラフィックの技術力が見せ方の上手さに繋がり、結果他社さんとの大きな違いを生みます。

この写真は、天井や壁に埋め込む間接照明のBOXの写真です。目指す光に対して弊社では、数十種類のパターンがあり、適材適所に使用します。基本的には寸法や、設置する位置等の違いなのですが、「リーデルのワイングラス」の様に、形状によって醸し出す光が変わりますので、使い分けをします。[細かな寸法は企業秘密です。]

IMG_0315.jpg

材料も、仕上や下地の問題で、変化させますが、写真の様なベニア製は、安価で、ボンデ鋼板や石工も使用します。このBOXの微妙な寸法が、意図通りになると、最高の間接照明を生み出し空間を引立てます。

歯科医院の内装が仕上がると、見えない部分ですがとっても大事な「間接照明の素」です。

オジデザインワークス橋本