歯科医院の内装や開業時の、クリニック内装デザイン・ロゴマーク・ツールキット・WEBサイトまでトータルでデザイン・ブランディング、東京、大阪、名古屋、福岡

Tel.03-3440-7128

お電話からもお気軽にお問い合わせください。営業時間:[土曜・日曜・祝日は、休業]/平日:AM10:00~PM7:00迄

つるかわ楠原歯科医院 楠原 文 先生

2012.04.11

インテリアにしてもロゴマークにしても、
先生にお似合いね!と言われるのが一番嬉しい

楠原先生
施行側やメーカー、業者との打ち合わせもオジデザインの方で仕切ってくれていたので、すごくやりやすかったですね。本来、女医というだけで難しい交渉もありますが、橋本さんがいつも私の立場で物事を進めてくれたのも心強かったですね。『わきあいあいと仲良く業者さんと仕事をするつもりはない、あくまでも監督者としてまとめる立場なので』と言ってくれた時もありましたよね。ビル側との面倒で意味不明な交渉や、業者さんとの見積査定、交渉など、見事なお仕事、本当に助かりました。
橋本
僕も女医さんは初めてのクライアントで、年齢も近く初めてお会いした時に本音で話ができたと思います。熱意があって志も高く、ぜひご一緒に仕事をしたいと思いました。こういう仕事は信頼関係がないと難しいものですから、そういう意味で、結果的にも先生とはとても良い関係を作れたと思います。
楠原先生
あと、デザイナーを使わなければ決してできなかったことがあります。勤務医として勤続何年、そろそろ開業ですね、という話からはじまり利便性と値段を追求していくやり方に納得できず、私はそれだけじゃない!と強く思っていました。オジデザインワークスでは私の診療スタイルから開業にあたっての思い、私自身のことまでを十分理解してもらった上で、それをデザインによって形にしてくれたのです。結果的に患者さんへその思いが伝わるのですよね。
橋本
このプロジェクトが進む中で、興味深かったことはありますか?
楠原先生
とにかく、プレゼンテーションの度に、自分の話したことが明確になっていくというところには驚きました。自分の頭の中ではぼんやりしているものが、オジデザインのプレゼンテーションはCGでリアルな形になっているのです。これはわかりやすかったです。それによって無理をしないで、自分にできる事とできない事もはっきりと解ってくる。あと、過剰すぎないっていうのも助かりました。過剰なものを提案されても正直困りますから・・・(笑)。
橋本
プレゼンテーションではいかにリアルに伝えられるかを考えます。特に図面を見せただけで空間を想像するのは難しいのです。これをリアルにするひとつの手段としてCGはとても効果的だと思っています。でも、先生にしてみれば、出来上がってみないことには本当の意味で安心できませんよね?
楠原先生
疑っていた訳ではありませんが、工事が始まって、自宅から現場が近かったこともあって何度か様子を見に来ていましたね。でも、出来上がったときにCGと同じだったことにも正直おどろきましたよ(笑)
橋本
開業して患者さんをはじめ周りの反応はいかがですか?
楠原先生
とってもいいですよ!まず、鶴川の人たちが喜んでいますね。きれいで通いたいと思う歯科医院が家の近くにできたと言ってくれる患者さんが多いですね。通院に時間をかけて都内までいかないと自分の通いたいと思うような歯科医院がないと言われている中で、私は鶴川の人たちが「家の近くにできたよ」と言われる歯科医院を作りたかったのですから、本当にうれしかったですね。
あと、インテリアにしてもロゴマークにしても『先生にお似合いね!』と言われるのが一番うれしいですね。友人や長く付き合ってきた患者さんには『先生らしい!』ともよく言われます。同業者からは紹介して欲しいと言われますね。ただ、高いのでしょ?とも言われます。詳しいところの話をするとみんな納得しますけど・・・。
橋本
僕たちは残念ながら、患者さんの反応を直接伺う機会はありません。こうして先生を通し、様子を知る事はとてもうれしいですね。
楠原先生
もちろん、私にとっても『お気に入り』の空間です。常に患者さんをお招きする立場としてその空間は患者さんにとってはもちろんのこと、自分にとっても『お気に入り』でなくてはなりませんでしたから。やっとそれが形になり、仕事に対してモチベーションもあがりますね。もちろん一緒に働くスタッフにとってもそうであって欲しいと思いましたから、今回のプロジェクトをすすめるにあたって、オジデザインワークスでの打ち合わせにスタッフも参加させました。それによって、彼女たちの医院への思いが強くあることを私はとてもうれしく思っています。
橋本
先生がスタッフ一人ひとりをとても大切に思い、彼女たちへより快適に仕事ができる空間を与えたいという思いがありましたから、その思いが伝わってよかったです。今回は歯科医院の特徴にもなっている歯科衛生士の専用のスペースを設けましたが、いかがですか?
楠原先生
ドクターも衛生士も助手もテクニシャンもそれぞれの役割があります。とりわけ衛生士はドクターの指示のもとで患者さんの口を触る仕事であり、実際患者さんとのコミュニケーションをとる時間は私たちドクターよりは多くあるように思います。
そのコミュニケーションの場を一番目立つクリアなスペースとして設けることで、あえて隠すのではなく、見せるという考え方、衛生士がしていることはドクターも見てくれている安心感。初めはクレームも出るのではという不安もありましたが、結果、患者さんのモチベーションを上げることとなり、次の治療へのステップ、または今後のリコール、紹介と繋がるようです。実際、患者さんに言わせると、外から見るよりも中からは外が気にならないようですね。
橋本
そこは照明の位置で、中からは外が気にならないように配慮しました。実際は、中から外はそんなに見えないはずですよ。
楠原先生
(驚!)まだ私の気づいていない仕掛けがありそうですね(笑)。

お話をうかがった
先生のご紹介

つるかわ楠原歯科医院 www.kusuhara-dent.com/

院長・歯科医師

楠原 文 (くすはら あや)

  • 顎咬合学会認定医
  • 日本口腔インプラント学会
  • 歯科ドック学会
  • 口腔衛生学会

学校法人鶴見歯科学園横浜歯科技術専門学校にて衛生士科講師兼、付属診療室勤務。
小田急沿線の医療法人の院長を経て、町田市鶴川に「つるかわ楠原歯科医院」を開業。